ペット用低刺激シャンプーならZOIC

ペット用低刺激シャンプーならZOIC

Written in English

トリミング プロ

家庭でのお手入れ方法

家庭でのペットのお手入れ方法をご説明いたします。

ツメ切り

ツメ切り シャンプー
お手入れ頻度:月に一回
お手入れ道具:ツメ切り(犬は専用ツメ切りを用意。猫は人間用でも可能)

室内犬は運動量が少ないため、ツメが長く伸びがちです。長いツメは事故にむすびつきません。爪切りで爪の透き通った部分を切り、やすりをかけてなめらかにしましょう。

ペットシャンプー

耳そうじ ペット

ペット耳掃除
お手入れ頻度:一週間に一回
お手入れ道具:脱脂綿・カンシ・耳洗浄液

プードル等の多毛種は、耳の毛も多く、通風が良くないので乾きにくく外耳道感染やダニの寄生による病気をひきおこすこともあります。耳内ケア商品をつけた脱脂綿で耳の中の汚れを拭き取ります。

 

【おすすめ商品】

・気になる耳の汚れやニオイを解消したい場合…

 ナチュラルモード イヤーローション

・耳ダニを防止したい場合…

 耳ケアワサビッツ

ブラッシング ペット

お手入れ頻度:毎日
お手入れ道具:スリッカー・コーム

汚れやフケをうかせ、もつれた部分をていねいにほぐします。ブラッシングをおろそかにするとシャンプー時に被毛がフェルト状態に固まってしまいます。

 

ペット お手入れ

バスタイム ペット

ペット お手入れ
お手入れ頻度:一週間に一回
お手入れ道具:タオル・ドライヤー・シャンプー・リンス/コンディショナー/トリートメント

【おすすめ商品】

皮膚にトラブルがある場合…

ナチュラルモードシリーズポゼスマーマルシリーズ

体臭が気になる場合…

消臭シリーズ

ワンランク上の仕上がりにしたい場合…

ファーメイクシリーズポゼスクリアシリーズ

被毛が傷んでいる場合…

トリートメント

犬 シャンプー
1.まずブラッシング

汚れやフケをうかせ、もつれた部分をていねいにほぐします。ブラッシングをおろそかにするとシャンプー時に被毛がフェルト状態に固まってしまいます。

 

犬 コーム

ペット シャンプー
2.予洗+肛門腺絞りですっきり

十分なお湯を使って全身を洗い流します。犬を驚かせないようにおしりの方から徐々に流していきます。この際、肛門腺絞りを行い、同時に洗い流します。

 

ペット リンス

トリミング サロン
3.シャンプーで良く洗ってください

シャンプーを手に取りムラなくのばすか、または洗面器に溶かしたシャンプーをスポンジで全身に広げます。洗う順番は、首→肩→背→腰→ボディ全体→尾→四肢→頭→耳→顔です。すみずみまで念入りに洗いましょう。この際、十分に泡立ててください。

 

ペット トリミング

犬 すすぎ
4.皮膚・被毛を良くすすぎます

皮膚・被毛にシャンプーが残らないように、良くすすぎましょう。

シャンプーは2度洗いをおすすめします。3と4をもう一度繰り返しましょう。

ペット リンス
5.リンス(トリートメント・コンディショナー)をつけます

リンス(トリートメント・コンディショナー)を手グシの要領で被毛にまんべんなくつけます。被毛が傷んでいるときはトリートメントをおすすめします。

☆おすすめお手入れ方法「チェンジリンス」

容器にすすぎ液をうけ、繰り返しかけます。

 

チェンジリンス

ペット シャンプー
6.皮膚・被毛を良くすすぎます

皮膚・被毛にシャンプーが残らないように、良くすすぎましょう。

シャンプーは2度洗いをおすすめします。3と4をもう一度繰り返しましょう。

タオル ペット
7.タオルで水分を拭き取ります

乾いたタオルで水分を拭き取ります。この際、被毛を擦りつけて毛玉を作らないように注意してください。

 

犬 ドライヤー
8.ドライヤーでしっかりと乾かします

ドライヤーでブラッシングしながら乾かします。見落としがちな足の裏は、足先をつかみ被毛を分けて風を当てます。生乾きにすると、雑菌の繁殖の原因になり皮膚トラブルを起こしやすくなります。しっかりと乾かしてください。

 

ドライヤー

ペット トリミング

番外編 ペット

雨の日のお手入れ

お手入れ道具:タオル・ドライヤー・シャンプー・リンス/コンディショナー/トリートメント

【おすすめ商品】

手軽にキレイにしたい場合…

ドライシャンプー

1.タオルで水分を拭き取ります

乾いたタオルで水分を拭き取ります。この際、被毛を擦りつけて毛玉を作らないように注意してください。

2.ドライヤーでしっかりと乾かします

ドライヤーでブラッシングしながら乾かします。見落としがちな足の裏は、足先をつかみ被毛を分けて風を当てます。生乾きにすると、雑菌の繁殖の原因になり皮膚トラブルを起こしやすくなります。しっかりと乾かしてください。

 

ページの上部へ戻る